男性育休

【男性育休メール例文完全版】取得時と復帰時の上司・社外・社内向け8つの文例集

男性育休メール例文

こんにちは。

2回の育休取得者(1回目は職場初の男性育休)のポンパパ(@ponkotsu.papa)です。

新米パパ

育休を取得することについて、メールで伝えたいんだけど、

どうやって伝えれば、穏便に進むか迷う・・・

ポンパパ

この記事では、男性育休取得時のメール文について、

時期・相手別に8つの例文を紹介します!

男性育休の取得率が上昇したとはいえ、まだまだ少ない世の中。

会社関連の方に育休取得に関して伝えるのってドキドキですよね。

僕もそうでした。特に1回目の取得の際は、職場初の男性育休だったので、伝え方に苦労しました。

この記事では、男性育休取得に際してのメールについて、

僕の2回の育休取得の経験から、

  • メールを作成するにあたってのポイント
  • 【相手・時期別】8つのメール例文

についてまとめました。

是非ご自身の職場の状況に合わせて、使ってみてください。

【上司】育児休業取得希望を上司に伝える際のメール例文

上司向けメールのポイント

  • 引継ぎや、人事の兼ね合いもあるため、育休を取りたいと思ったら、1度なるべく早く相談すると、あとがスムーズになりやすい
  • 自分がいない間の仕事の割り振りなど、仕事を増やしてしまうことになるので、配慮や感謝の気持ちを忘れずに
  • 職場初の男性育休の場合は、上司に育休の知識もないことが多いので、説明できる資料を用意しておくとよい

詳細は決めていないが、前もって上司に言っておきたい際のメール例文

件名 【●●部◯◯】育児休業取得に関してのご相談

◯◯部長

お疲れ様です、●●です。

私事で大変恐縮ですが、

この度、妻が妊娠致しまして、出産の際に、育児休業を取得したいと考えております。

時期や期間は、現時点で決めておりませんが、出産後◯ヶ月程度の取得を計画しております。

○月◯日が予定日ですのでまだ先の話かとは思いますが、

引き継ぎや人員体制でご迷惑をおかけするかと思い、この時期に一度ご相談させていただきました。

詳細については改めてご相談させていただければと思います。

何卒よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

上司に育児休業取得について相談したい際、アポイントを取るためのメール例文

件名:【●●部◯◯】育児休業取得に関してのご相談

〇〇部●●部長

お忙しいところを失礼致します。

私事で大変恐縮ですが、

この度、妻が妊娠●ヶ月(出産予定日:●月●日)となり、

出産の際に育児休業を取得したいと考えております。

この件に関しまして、

●●部長とご相談させていただきたく存じます。

お忙しいところ恐縮ですが、

30分ほどお時間をいただけないでしょうか。

来週でしたら以下の日程で伺うことが可能です。

<候補日時> 

・●月●日(火)10:00~11:30

・●月●日(木)15:30~17:30

●●部長のご都合をお聞かせいただけると幸いです。

ご検討よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

上司にメールで取得の意向・期間も伝える場合のメール例文

件名:【●●部◯◯】育児休業取得に関してのご相談

〇〇部●●部長

お忙しいところを失礼致します。

私事で大変恐縮ですが、

この度、妻が妊娠●ヶ月(出産予定日:●月●日)となり、

出産の際に育児休業を取得したいと考えております。

期間は○月○日~○月○日の●ヶ月間取得したいと考えております。

●●部長のご意見をお聞かせいただけると幸いです。

ご検討よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

【社内】男性育休取得時・復帰時のメール例文

社内向けメールのポイント

  • 自分がいない間仕事をまわしてくれるみなさんへの配慮と感謝の気持ちを伝えよう
  • 日付、期間などの要点を簡潔に、わかりやすく伝えよう

育児休業を取得する旨を社内に伝える際のメール例文

件名:【●●部◯◯】育児休業取得のご報告

◎◎部各位

お疲れ様です。○○です。

私事で大変恐縮ですが、

妻の出産に伴い、

○月○日(○曜日)より育児休業をいただくこととなりました。

休業中の業務につきましては

○○さんに引き継ぎをお願いしております。

最終出社日は○月○日(○曜日)の予定です。

〇ヶ月育児休業を取得させていただき、○年○月○日に復職の予定です。

育児休業期間中は皆様にご迷惑をおかけ致しますが、

休業中の経験を今後の仕事にも生かしていく所存です。

何卒よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

明日から育児休業に入る旨を社内に連絡するメール例文

件名:【●●部◯◯】明日より育児休業取得のご報告

◎◎部各位

お疲れ様です。○○です。

私事で大変恐縮ですが、

以前ご報告させていただいた通り、

明日、○月○日(○曜日)より育児休業をいただきます。

休業中の業務につきましては

○○さんに引き継ぎをお願いしております。

〇ヶ月育児休業を取得させていただき、○年○月○日に復職の予定です。

皆さまのご厚意に甘えることなく、

休業中も自己研鑽に励みたいと思っております。

何卒よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

社内向け育休復帰時挨拶メール例文

件名:【●●部◯◯】育児休業終了のご報告

◎◎部各位

お疲れ様です。○○です。

○月○日より、妻の出産に伴い、育児休業をいただいておりましたが、

このたび、○月○日(○曜日)より復職いたしました。

◎◎部の皆さまにはお休みをいただいている間、

本当にご迷惑をおかけいたしました。

また、ご配慮いただき誠にありがとうございました。

育児休業中は、大変貴重な経験をさせていただきました。

今後は仕事と育児を両立させるべく、

業務効率の改善などにも取り組んで参ります。

なおしばらくの間は、9:00~16:00の時短勤務となります。

引き続き、ご指導いただきますよう

何卒よろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

ポンパパ

僕の復帰時の挨拶にはこれにプラスして育休中の体験談を少しだけ盛り込みました。

職場の雰囲気によるとは思いますが、僕の職場では喜ばれました!

【社外】男性育休取得時・復帰時のメール例文

社外向けメールのポイント

  • 日付、期間、引継ぎ者などの要点を簡潔に、わかりやすく伝えよう
  • 自分がいない間、いつもと違う対応してくれた取引先の方への配慮と感謝の気持ちを伝えよう

育児休業を取得する旨を社外に伝えるメール例文

件名:【株式会社○○●●部◯◯】育児休業取得のご報告

株式会社●●●●(部署)

(役職)●●●●様

お世話になっております。

株式会社○○の●●●●です。

私事で大変恐縮ですが、妻の出産に伴い、

●月●日(●)より

育児休業をいただくこととなりました。

休暇中は、弊社●●が担当させていただきます。

●月●日(●)以降は、●●へご連絡ください。

----------------

引継ぎする方の

名前・電話・メールアドレス

----------------

近々、後任の●●とご挨拶に伺います。

今後ともよろしくお願いいたします。

——————————-

署名

——————————-

社外向け育休復帰時挨拶メール例文

件名:【株式会社○○●●部◯◯】職場復帰のご挨拶

株式会社〇〇

営業部

〇〇 〇〇 様

大変ご無沙汰しております。

株式会社○○の●●●●です。

◯月◯日より、育児休業をいただいておりましたが、◯月◯日より復職いたしました。

育児休業中は大変貴重な経験をさせていただきました。

この経験をいかして、今まで以上に精一杯取り組んで参ります。

なおしばらくの間は、9:00~16:00の時短勤務となります。

メールにて大変恐縮ではございますが、まずは復職のご挨拶とさせていただきます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

——————————-

署名

——————————-

【まとめ】男性育休前後のメールは配慮と感謝を忘れずに

いかがでしたか。

この記事では、男性育休取得に際してのメールについて、

僕の2回の育休取得の経験から、

  • メールを作成するにあたってのポイント
  • 【相手・時期別】8つのメール例文

についてお伝えしました。

どの場面でも、大切なことは、

自分がいない間、イレギュラーな対応をしてくださるみなさんへの

配慮と感謝の気持ちを持ち、文章や態度に表していく、ということです。

ポンパパ

まだまだ男性の育児休業が少ない世の中ですが、後に取得する方に、良い道すじを残したいですね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました

Instagramでも男性育休やパパの育児について発信中です!

覗いてみてね⇒@ponkotsu.papa