プロフィール

ポンパパについて

2歳女児&1歳男児のパパです。福祉関係の仕事をしています。

男性の育休の実績がない職場で、第一子で3ヶ月、第二子で9ヶ月育休を取得しました。

第1子の育児休業では、初めての育児で、なかなか思うようにいかずあっという間に3ヶ月が過ぎてしまい、

悔しい思いをしました。

第1子の育休でやりきれなかったこと、やりたかったことを第2子の育休でたくさんやることができ、

それによって、「人生を変える経験」をすることができました。

現在は復職し、働きながら、育休中に決意した、起業に向けて準備中。

「パパ、がんばるもん!」について

このブログでは、育児休業を2回取得した管理人ポンパパが、自身の経験から

育休中にやるべきことをリスト化してまとめています。

育休取得前、育休中、職場復帰前

の3つの時期に分けてやることリストを作っていますので、興味のあるところから見てください。

なぜこのブログを作ったのか

ここからは、なぜ僕がこのブログを作ったのかについてお話しします。

少し自分語になってしまうので興味のある方だけ読んでみて下さい。

僕が2回の育児休業で気づいた事。

僕の人生にとって1番大切な事は

子どもとの時間

ということでした。これは妻も同じでした。

ですが育児休業が終われば子どもとの時間は確実に減ってしまいます。

復帰したあとも子どもたちとの時間を確保するためにどうしたらいいか考えました。

そして僕が育児休業中にやった事は

  • 赤ちゃんとの時間を楽しむ
  • ママの産後の回復のお手伝いをする

事はもちろん

  • できるだけ手間なくお金が増えるような仕組みづくり(支出カット、投資など)
  • 家事の時間を減らして子供との時間を増やせるような仕組みづくり(時短術)
  • 働く時間を自分で決められるようにするための土台作り(起業、副業)

を行いました。

そのことで、

夫婦で共通の人生の目標が持て、絆が深まったり

自分や夫婦の作業時間を1日4時間以上確保できたり

育休取得から1年で総資産が300万円円増えたり

起業や副業をする中で新たな出会いが増えたり

まさに、「人生が変わる育児休業」にすることができました。

僕は職場で初の男性育児休業取得者です。

育休を取得するにあたって、また腹や陰口など嫌なこともたくさん経験しました。

でも、それを乗り越えて育休を取ったことで、

こんなにもたくさんの経験をすることができました。

この経験、特に、お金のことなどは「知ってるかどうか」で大きく差がつくものだと考えます。

これから育休を取得するパパさんに、

より多くの情報を効率的に知っていただくべく

男性育児休業期間を3つの時期に分け、

それぞれの時期でやることをリスト化して伝えています。

このブログを通して、多くのパパさんに僕の経験をお話し、

皆さんの育児休業がよりよいものになるようお手伝いできたら幸いです。